腰痛 原因不明

腰痛の原因不明でわからない?
それでは今の辛い腰痛にどうすればいいのか?対策もうてないですよね。
でも、それって珍しことではないのです。
実際にアメリカの論文では
「85%の腰痛は原因不明でわからない」
という事実も発表されているくらいです。

たかが腰痛と侮るなかれ

原因が特定できる腰痛と原因不明の腰痛の違い

腰痛 原因不明
原因が特定できる腰痛は全体の約15%程度という調査結果があります。
その内訳は
腰椎椎間板ヘルニア 4~5%
腰部脊柱管狭窄症  4~5%
腰椎圧迫骨折    4%
感染症脊椎炎やガンの脊椎移転 1%以下
大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患 1%以下
です、

それ以外の85%の腰痛は原因不明でわからない

それ以外の腰痛の原因は不明でよくわからない?
というのが現実です。
原因不明の腰痛は珍しいことではありません、
画像診断しても原因がよくわからないケースも少なくないのです。

腰痛で病院を訪れても、医師は問診と身体所見でまずはレッドフラッグがないか?を診察します。

【レッドフラッグはないか?】
・大動脈瘤や尿路結石などの内臓疾患
・脊椎炎なのの感染症
・癌の脊髄転移
など



そうした心配はないのであれば、神経?症状の有無を確認します。
主には坐骨神経痛や手足のしびれやまひなどの下肢症状です。

いよいそれもない腰痛が原因不明の腰痛で、ほとんどの腰痛がこれです。
しかもなかなか効果的な対策も見つからないのです。
たいていの場合は日にち薬の保存療法です。
湿布を処方されて
「安静にしてくださいね、それでしばらく様子をみましょ」
と言われるだけなのです。

腰痛の原因不明でわからないのは腰痛専門医に診察を受けていないから

原因不明の腰痛
腰痛を病院で診察を受ける方も少ないです。
さらに腰痛ではどこの病院の何科に行けばいいのかわからないものです。

多くの方が近所の小さな整形外科の病院か?もしかしたら近所の整骨院かもしれません。
そこで腰痛が改善されればいいのですが、いっこうに腰痛が改善されない場合は少し真剣に腰痛の原因を調べる必要もあります。

85%の腰痛は原因不明でわからない?
とお話ししましたが、それはかなり昔のお話です。
今は画像診断のためのMRIなどが格段に進化していてかなりの腰痛の原因は解明できるようになりました。
そんな最新の画像診断の設備を備えた病院で腰痛の原因を探さないといけません。

単純なレントゲン検査だけでは慢性的な腰痛の原因が特定できないことも多いのです。

意外と腰痛専門の整形外科医も少ない

整形外科医といっても、そこには得手不得手の分野があるのです。・
すべての整形外科医が腰痛を専門としているわけではありません。
膝や肩を専門としている整形外科医の先生もたくさんいます。
いわゆる脊椎外科を専門としていない整形外科医の場合、慢性腰痛の診断は難しいともいえます。
それくらい慢性腰痛の原因究明は難しいのです。

脊椎外科を専門とする整形外科医を探す

ずっと原因不明の腰痛でお悩みの方は、一度脊椎外科を専門とする整形外科医をお探しになってみてはいかがでしょうか?

脊椎外科を専門としているところでは最新の画像診断設備8MRIなど)も備えているはずです。
おそらくある程度の大病院であるので、待ち時間や通うのも大変かもしれません。
しかし、そこで
STIR-MRI
ブロック診断(神経ブロックで痛みの原因部位を調べる診断法)
などを駆使してもらって原因不明の腰痛の原因を探し出しましょう。