介護職 腰痛
介護職で腰痛はまはや職業病ともいえます。
それくらい腰痛に悩まされている介護職の方はたくさんいらっしゃいます。
そしてこの腰痛の辛さ
なってみて初めてわかる物なのです。
だからこそ
「ちょっと腰が痛いんで休ませてください!」
なんて言い訳がなかなか通じないのも現実です。
上司やまわり同僚にもなかなか理解してもらえないこの腰痛の辛さをどうしゅればいのでしょうか?

介護職の職業病の腰痛の改善方法


腰痛になってしまっ介護職の方はまずびゅいんなおで医師の診断を仰ぎましょう。
素人の下手な生兵法ではいつまでも腰痛は治りません。
ただ、街の整形外科医でも腰痛の診断は戸て難しいのも現実です。
幼つの下人と治療はとても難しいのです。
「とりあえず湿布を処方しておきますのでしばらく様子を見ましょう」
というのがほとんどだと思います。

たしかに腰痛には「日にち薬が市場入稿でもありますが、だtだでさえ人手不足の職場です。
「腰が痛いので休ませてください」
とはなかなか言い出せません。

そこで、自分で出来る腰痛の改善方法も知っておきましょう。

腰痛ストレッチ・体操

少しでも動かせるくらいに腰痛が和らいだら、無理をしない範囲でストレッチと行っていきましょう。

わかりやすい動画も紹介しておきますので参考にしてみてください。

【介護の職場でもできるy腰痛ストレッチ】


【自宅でしっかりやる腰痛ストレッチ】



腰痛のストレッチは毎日継続することが大切です。
これを習慣になるくらい続けてください。

腰痛ベルト

腰痛は背骨の一部分である腰椎に大きな負担を与え続けていたことが原因です。、
腰椎は、上半身を支えるため大きな負担がずっとかかっているのです。
この腰椎の負担をできるだけ少なくする方法に「腹圧上昇」と「姿勢制御」があります。

腹圧とはお腹の中にかかる圧力のことです。
本来はお腹から背中を覆っている筋肉の働きにより圧迫されています。
この腹圧が上昇すると、お腹側から腰椎が支えられて安定します。

これで腰椎にかかる負担が軽くなり腰痛の予防や改善につながるのです。

腰痛ベルトを装着するとお腹を圧迫してくれるため、筋肉の代わりに腹圧を高めてくれます。
また、腰椎はお腹側が出っ張るようにS字状にカーブしています。
この「適度な反り」により上半身を安定させているのですが、過剰に反ってしまうと、腰痛の原因となります。
そこで腰痛ベルトの多くは背中側に支柱の入っています。
これで腰椎の動きを制御して腰部を固定します。
適度に腰椎が反っることを抑えて、腰に無理な負担がかからないようにしてくれるのです。

これでかなり腰痛の緩和される方も多いです。


腰椎コシビシベルト

寝具(マットレス)

腰痛に寝具
特にマットレスが関係していることを知っておいてください。

寝ている間も腰に負担を与えている可能性があるのです。

介護の仕事で腰に相当大きな負担を強いているのに、寝ている間もさらに腰に負担を与えていては腰痛になってしまっても当然いえるかもしれません。

介護職の方はぜひマットレスにもこだわっておいてください。
特に柔らかすぎ敷布団やマットレスは腰痛の隠れた原因なのです。


介護職の腰痛の再発防止対策

「もうあんな辛い腰痛だけは経験したくない」
腰痛を患った介護職の方はみんなそう思われています。

しかし、また多くの方が腰痛を再発してしまうのです。

腰痛の再発防止には
・腰に負担がかかりにくい姿勢
がとても大切です。
正しい姿勢は腰椎への負担を軽減してくれます。

この正しい姿勢を保とうするには、体の深い位置にある筋肉である「インナーマッスル」を鍛えることが大切なのです。
正しい姿勢を保つのに重要なインナーマッスルは
腹横筋(ふくおうきん)」
「多裂筋(たれつきん)」
の2つです。

【腹横筋の鍛え方】

【多裂筋の鍛え方】

もしもこのトレーニングが面倒くさい?
そう感じたらぜひあの辛い腰痛のことを思い出してください。
そうすれば腰痛を再発させないためのトレーのんぐも続けることもできます。

辛い腰痛の介護職の方は働き方を変える相談を

ケアマネージャー

今のままの働き方では、またいつか腰痛を再発してしまうかもしれません。

腰痛を再発させないにはまわりの理解も欠かせません。

腰痛で悩む介護職の方は職場を変える方も少なくない

腰痛は年齢的な物もあります。
やはり年齢的にきつい職場もあります。
それは要介護度の高い方ばかりの介護施設です。
たとえば
・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
などがあります。
これらの介護施設では要介護度の高い方が多く、移乗介助や入浴介助など無理な姿勢で行う作業は日常的です。

もしも腰痛が辛くで払炊けないのなら、少し自立shじている利用者を対象とした介護施設への転職も選択肢に選ばなければいけないかもしれません。

ケアマネジャーや生活相談員の仕事を選ぶ時期かも

長年にわたって介護の現場で多くの経験を積んできたあなたならそろそろ体力の必要な仕事が無理な時期に来たのかもしれません。

ケアマエンや生活指導員などの業務を目指す時期になりつつあるのかもしれません。
今はまだその資格を有していなくても、近い将来のために資格取得を目指しましょう。

まとめ|護職に腰痛はもはや職業病

介護職にも歯や腰痛は職業病ともいえます。

介護職の方はうまくようつうとつきあっていかなければいけないのですから
腰痛の予防と再発防止
に常に気を付けておかなければなりません。